■プロフィール

GH無量荘

Author:GH無量荘
2005年に栃木県鹿沼市に開設したグループホームです。
「敬う心を持ち、自然でさりげない支援をいたします。」
「家庭的で、その人らしい生活ができる場を提供いたします。」
「普通の暮らしを、地域で実現できるよう努めます。」
という三つの理念に基づき日々介護を行っています。

■最新記事
■最新コメント

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■最新トラックバック
■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
喜楽事  ~番外編~
 ここまでご覧になって下さった方々、本当にありがとうございます。


 前回の日記で少し書いた「後ほど」の事を書きます。



 喜楽事の催しの中に『職員の出し物』がありました。
 今年は、仮装した職員がAKB48の「会いたかった」を歌い・・・
ながら手品を披露する、という荒業をしてくれました。

 まず見てもらった方が早いので・・・
H25.11.29 2f 045
※1 下段の左と中は男性です。

私が言うのもなんですが、この5人だいぶ頑張りました!!
中々全員集まって練習ができず、やっと揃ったのが前日。
H25.11.29 2f 003
この写真は、喜楽事前日に職場の休憩室で練習する「MRS5」のメンバー。
無(M)量(R)荘(S)・・・
たった今日記を書きながらひらめきました(笑)。


H25.11.29 1f 008
※2 上段金髪の女装男性は管理者です。
H25.11.29 1f 009
意外にも???入居者様やご家族様の受けは良かったです。
寛大な心の皆様に感謝ですね。


H25.11.29 2f 058
無量荘が誇る『ハッピージュークボックス』もキーボード担当が着替える時間がなくこんなことに・・・。
※3 演奏はとても上手です。


 喜楽事の記事を書こうとした時に、職員の出し物は別の記事で書きたかったので、番外編を書きましたが、写真のいたるところに仮装集団が写っていて、写真選びに苦労しました。

 こんな無量荘ですが、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
                                     ようりんご

スポンサーサイト
未分類 | 18:08:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
喜楽事
 喜楽事とは、無量荘の忘年会の事です。

 今年も例年通り『そば割烹 日晃』さんで行わせていただきました。
色々なムチャ振りに丁寧に対応して下さり、本当にありがとうございました。
 この場を借りてお礼を言わせていただきます。


 今年の喜楽事の内容としては、まず乾杯の挨拶を入居者様にお願いしました。
H25.11.29 2f 011
当日いきなり指名されたのですが、コンパクトにまとめて、とても素晴らしい挨拶でした。


そして伝説にもなりそうな、あの職員の出し物(次回日記を楽しみに)や、無量荘が誇るスーパーバンド『ハッピージュークボックス』の演奏があり、その演奏では、通常なら入居者皆様が知っていそうな曲を演奏し、聴く側は歌詞カードを見ながら歌う・・・、
 だったのですが、今年はホーム長や職員・個人の入居者様にスポットを当て、その人を中心に歌っていただく、としたのであまり間延びせず、とっても楽しめました。

 アンコールでは入居者様の娘様お二人が飛び入りで踊って下さり、たいへん盛り上がりました。
H25.11.29 1f 074
終わった後にその娘様の母親である入居者様に伺ったところ、
「娘たちはこういうの(踊りや人を喜ばせる事)が大好きなんだよ。」
「まったく誰に似たんだかね。」と、大笑いしておりました。

(間違いなく母親です、という言葉を飲み込みながら・・・)
私は「本当、誰に似たんでしょうね」とニヤニヤしてました。

 その後、DVD上映会。
 入居者様1人ひとりや行事・日常風景を写真で振り返ろう、という事で、担当の職員さんが膨大な写真の中からその人らしい写真をピックアップして約30分にまとめました。
 音楽も一緒に流すので担当者のセンスが問われますが、今年は・・・間違えた(汗)
『今年も』素晴らしい出来栄えでした(笑)。


 忘れてはいけないのが一昨年あたりから一段とクオリティーの上がった「看板」!!

宴会の後に各テーブルを周り写真を撮ります。
H25.11.29 2f 114
H25.11.29 2f 119
看板の左側に今年の干支の『巳』・右側には来年の干支の『午』。
担当の職員が夜なべして一所懸命作成しました。

宴会場に居た3時間があっという間に過ぎた一日でした。
担当の職員さん、本当にお疲れ様でした。

この日記をご覧になって下さってる皆様にとって、来年もよい年になる事を願いつつ、今年の無量荘ブログは終わりにしたいと思います。
                      ようりんご






―P.S.―
もうひとつだけ日記を書きますが、たぶんグダグダになりますのでここで読み終わらせといた方が気持ちよく新年を迎えられると思います。



未分類 | 17:36:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
白菜
 寒くなってきましたーーー。

 寒くなってきたら「鍋」の季節ですね。

 「鍋」といったら「白菜」は欠かせませんね!

 そんな訳で(ちょっとムリヤリ感が・・・)、
 白菜にまつわる無量荘の密かな行事をひとつ。


1階入居者様のお一人が毎年この時期になると白菜の漬物を漬けて下さいます。
無量荘写真H25_1f_20131117 179
まだお顔はお見せできません。

白菜を8等分に切り、

塩をふりながら桶につめていきます。
(♪は・か・た・の・○○・・・ではありません、普通の塩です。(笑))

そこで、米麹を入れるのがこの方流。
白菜の葉の間に塩と麹を擦り込みつめていきます。

最後に鷹の爪を1本分切って、隙間に入れれば完成。

慣れた手つきで、30分もあれば白菜2つ半、桶いっぱいにつめて下さいます。

重石は職員が乗せ、待つ事3~4日。

朝・晩の食事には欠かせない漬け物です。


余談ですが、
 白菜を漬けて2日目あたりから、代わる代わる職員が「まだですか?」「いつ頃が食べ頃ですか?」とこの入居者様に聞いてくるので、「うんざりなんだ」と困った笑顔で私に言ってたのは・・・内緒です。
無量荘写真H25_1f_20131117 181
                      ようりんご

未分類 | 11:47:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。