■プロフィール

GH無量荘

Author:GH無量荘
2005年に栃木県鹿沼市に開設したグループホームです。
「敬う心を持ち、自然でさりげない支援をいたします。」
「家庭的で、その人らしい生活ができる場を提供いたします。」
「普通の暮らしを、地域で実現できるよう努めます。」
という三つの理念に基づき日々介護を行っています。

■最新記事
■最新コメント

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■FC2ブログランキング
■最新トラックバック
■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
敬語について考える
先日、職員会議で敬語の研修をしました。

語尾に「~ね」「~よ」がついていると敬意が薄れる場合がある。

確かに「お食事の時間です」と「お食事の時間ですよ」では、受ける感じに違いがあります。

日々の介護の中でついつい使ってしまいがちな言葉。


今日も一日に使った「~ね」「~よ」の回数を数えて「あの場面では必要なかったな」と反省の日々です。


細かいことかもしれませんが、口から発する音は昔から「言霊」と言われます。


たかが言葉、されど言葉。


少しずつの気遣いが積み重ねれば大きな差になるのかもしれません。
スポンサーサイト


未分類 | 21:25:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。